下水道管渠更生・管路補修ならワイエスイー株式会社

FFT-S工法
 既設の下水道管渠において、損傷や腐食を生じている管渠内部にFRPパイプを構築する非開削の管渠更生工法である。施工は、まずライニング材の保護と牽引力の低減を目的としたスリップシートを既設管渠に引き込む。次に特殊ライナーに未硬化の樹脂を含浸させたライニング材(必要強度に応じて厚さを変えることができる)を下水管渠内に引き込み、空気圧で拡張させた後,蒸気と空気を混合させた熱風を供給しながら硬化させ、強度のある平滑な耐久性(耐薬品性、耐摩耗性、耐ストレインコロージョン性)にすぐれたFRPパイプを形成し、管渠をリニューアルします。
1)適用管種  鉄筋コンクリート管、陶管、鋼管、鋳鉄管
2)適用管径  φ150~800mm
3)施工延長  最大100m/1施工(条件により中間人孔を含む連続区間の施工も可能)
4)工法特長  施工車が進入できない場所でも、蒸気ホースを延長することにより施工ができ、
        わずかな占用作業帯で施工できる。

硬化状況全体図

硬化状況(イグゾースト側)
パルテム SZ工法
 老朽化した、下水道管内にガラス繊維強化プラスチック(GFRP)パイプを成形する管渠更生工法である。施工は、SZライナー(SZライナーSR、SZライナーSH)を管渠内に引き込み、圧縮空気と蒸気によってSZライナーを拡張し、蒸気によってSZライナーを硬化させ、管路の変位に追従し、耐震性を有する強靭なSZパイプを成形する。
1)適用管種  鉄筋コンクリート管、コンクリート管、
        陶管、鋼管、鋳鉄管
2)適用管径  φ200~800mm
3)施工延長  最大100m
4)工法特長  SZパイプ内面に熱可塑性樹脂と円筒織布を一体化したベースホース、
        外面にはGFRPを用いた複合材料構造であり、熱可塑と熱硬化の特徴を併せ持つ
        ハイブリット更生管である。

硬化状況全図

硬化状況(SZシーラー)
パルテム・フローリング工法
 老朽化した、下水道管(特に大口径管)に特別な製管装置を用いることなく耐摩耗性、耐薬品性流下能力に優れた更生管を構築する製管工法である。施工は、下水道管渠内に鋼製リングを組立、それに高密度ポリエチレン製のかん合部材及び表面部材を組み付け、更生管を形成する。既設管と更生管の隙間にはモルタルを注入することで、下水道管渠の更生をおこなうものである。
1)適用管種    鉄筋コンクリート管 非円形(矩形、馬蹄形、門形)
2)適用管径    φ800~3000mm 非円形 短辺800mm以上、長辺5000mm以下
3)標準施工延長  100m (マンホール間1スパンの標準延長)
4)工法特長    特別な製管装置を用いることなく、円形、矩形、馬蹄形、門形などに適応でき、
          急曲線部の施工が可能。

施工例1

施工例2
ホースライニング工法
 老朽化した、下水道管内に耐久性、耐薬品性に優れたライニング管を成形する管渠更生工法である。施工は、熱可塑性樹脂を被覆した円筒状の繊維とその内側に引き込んだ硬化性樹脂を含浸した不繊布からなるライニング材を反転機により下水道管渠内に圧縮空気を用いて反転挿入し管渠内面に圧着後、蒸気においてライニング材を硬化させライニング管を形成する。また、反転方式とは別にあらかじめ反転したライニング材を管渠内へ引き込み、硬化させる引き込み方式もある。
1)適用管種  鉄筋コンクリート管、コンクリート管、陶管、鋼管、鋳鉄管
2)適用管径  φ150~1500mm(反転方式) 150~800(引込方式)
3)施工延長  反転方式 150m 引込方式 100m(φ150~500) 60m(φ600~800)
4)工法特長  耐久性、耐薬品性に優れ、不織布の厚みを変えることにより
        様々な下水道管渠の埋設条件に対応できる。

反転状況図
FRP内面補修工法(熱硬化・光硬化)
 既設下水道管渠(小口径)を非開削で、取付け管接合部分と取付け管内及び本管内周面を一体的に修繕する技術である。施工は、ガラスクロスと不織布に熱硬化性樹脂を現場で含浸積層し、含浸した補修材を専用の補修機に装着して既設マンホールから管渠内の補修箇所へ引き込みその後位置合わせをし、加圧密着した後ヒーターにより加熱硬化させ、接合部(取付け管と本管との接合部分)または、本管部を修繕します。
1)適用管種       鉄筋コンクリート管、陶管、硬質塩化ビニール管、更生管
2)施工適用管径・延長  本管部:呼び径 φ150~φ700 補修幅 標準40cm(30・50cm)(熱・光)
                 呼び径 φ150~φ400 補修幅(ロング)100cm(熱) φ200~φ300
                            補修幅(ロング)100cm(光)
                 呼び径 φ750~φ1500 補修幅 標準40・60cm(熱)

硬化状況断面図
FRP光硬化取付管ライニング工法
 これまでの下水道管渠の修繕工法については、熱硬化性樹脂が多く使用されていたが、本工法は紫外線(波長 300~400nm )に反応する光硬化性樹脂をを使用して、本管部と取付け管の接合部を対象とした一体型ならびに本管の修繕をする工法である。施工は、予め工場で含浸積層させた補修材を現場で専用の補修装置に装着し、既設マンホールから管渠内に引き込んで補修位置にて管内壁面に加圧密着させる。次に補修装置に内蔵した紫外線ランプを照射することにより短時間で光硬化性樹脂を硬化させ部分補修を行います。
1)適用管種  鉄筋コンクリート管・陶管・硬質塩化ビニール管・Z管・FRP管・鋼管等
2)適用管径  φ100・φ125・φ150・φ200・φ250
3)施工延長  1~10m(大型反転機使用でL=20m可)

硬化状況断面図
ページの上部へ移動▲
次のページへ